無料ブログはココログ

趣味

2013年8月22日 (木)

夕霧に消えた恋 56

常識的なものは有ると言えばあるが、特別なものは何にもないよ、特典でも有ると思っていたのか、あつたらほしいなぁ~。

上にいる人にして見れば、下からの情報の方が必要じゃないのかな、俺達は上からは命令されるか、怒られるか位で、俺達に必要な情報らしきものは、たまにセミナーがあるくらいで、殆どないからね、そう思わないか。

そうかも知れませんね、失礼しました。

帰宅の途中で食事をすませ、アパートに帰ってから叔父に電話した。

優は昨日のお礼を言いかけたが、叔父は、それ所ではなく、昨日の話が今朝の新聞に載った事に驚き、直ぐにもその先が知りたいらしかった。

昨日、僕がお話した内容が会社に関わって来るまで数ヶ月は掛かると思います、まだ始まったばかりですよ、昨日の繰り返しになりますが、単なる融資に関わる間違いや過剰融資が問題でしたら、会社としては、見っともないけど、注意や指導を受けるくらいで、被害が少ないと思いますが、内部告発かなにかある場合や、調査の目的が他にあってその結果、事件性が絡むような事にでもなれば、事が簡単には済まないでしょう。

優、脅かさないでくれよ、それで事件性が絡みそうなのか、会社として何か打つ手はないのか。

僕も考えてみましたが、ないんです、それより叔父さんは部門も違うし、この件には自分から手を出さない方がいいと思います。

内容はかなり大きいし、複雑で、誰かが仕掛けた事には間違いないのですが、今の段階で下手な手を加えたり、動いたりしても無駄です、もう止められません。もし、調査や査察などの流れを変えたり、止めようと逆らうと、反って薮蛇だと思います。

社員も含めた会社の被害を最小限に食い止めようと安全策を考えるとすれば、成り行きを見守るのが最善です。叔父さんは、大丈夫ですから、堂々と構えていて下さい。

今の情報では、先の事は分かりませんが、判らずじまいに終わる事もあり得ます、なんとか融資の件だけで穏便に済めばいいですが、何れにしても、事後処理の方が大変だと思います。

今の所、流れだから逆らうな?と言うことか、

そうか分かった、くどくど言わない、優を信じるよ。

考えられる事が有ったら、連絡してほしい。

分かのりました、Y常務が関係しているでしょうが、Y常務は何らかの目的で行動を起こした為に、この流れが出来たのでしょう、それには、恐らく常務秘書も加担し、昨日も言いましたが、政界や官僚も関わっている可能性があります。

だとすると、査察や、贈収賄の疑いが掛かれば、場合によって検察も入る事になりかねません、だから叔父さんには関わって頂きたくないのです。

Y常務の秘書?の事ですが、僕は今まで聞いた、一般的な秘書は、女性が多く一部渉外もありますが、お客様にお茶を入れたり、その日のスケジュールを全て間違いなく処理するのが仕事の様です。

しかし、会社の秘書とはちがいますが、政界の政策秘書など、ハイレベルのプロ秘書になりますと違うそうですね、僕の友達でその方面で仕事をしている奴はいますが、プロでも一流の秘書ともなると、お茶汲みや担当上司のお世話などはやりません。

敵でも楽しませて味方につけるテクニックも身に付いている。品が悪いですが、殆ど諜報活動が仕事で、クラブやバーなどお金も掛かる、秘書に出すお金を惜しむ様ではいい情報は入らないそうです、場合によると他に売られるよ、と言っていました。

2013年8月18日 (日)

夕霧に消えた恋 55

駄目です、プライベートなことですから、外出する時、行く先は母に伝えますが、私のことは直接、私に電話して下さい。

電話は叔母さんにお聞きにならなくても、わたしにお聞きになって下さい。

じゃ、お友達から華奈さんへの電話は全て直接ですか?お家への言付けはないのですか。

お友達は男女共、全員オープンですから、家でも私でもいいのですが、優さんは私にして欲しいのです。

(確かに本人に聞けばいいことだが、雲行きが変って来たみたいだから、今日は教育をやめておこう)

わかりました、その様にいたしましょう。

駅に着くと、華奈は、優さんはすぐ判ってくれるのね、食事をしてくれれば良かったのに、私もお手伝いするんですよ、今度ね、と言いながら電話番号をメモし、渡してくれた。

お会いする時はお母さんに連絡しますが、これは僕だけですか?

優さんは、俺でいいですよ、さっき俺って言いかけたもの、私の事も華奈でいいです、もう大人ですから、親に伝えなくてもいいと思います、母に言っておきます。さようなら、と華奈の車は遠ざかった。

月曜日、出社すると新聞を広げて皆が騒いでいた、いよいよ出たかと思った。

美華の言ったことが的中した、会社の事は何も出てないが、知る人は知っている、叔父も来たかと思っているだろう。

新聞の内容は、小さい見出しで、S建設が多額な借入金をする為に粉飾決算をした?詳しい事は現在国税で調査中とだけであった。

お昼前に叔父から社内電話で、退社してから自宅に電話をしてくれと、連絡があった。

優の部署は外国為替の関係なので直接関係はないが、会社ではS建設の借り入れ申込書に不備がないか再検討するよう、担当部門に指示があったらしく、緊張した反面さわがしく立ち回っていた。

臨席の後輩は、高川さんの言っ通りになりそうで、怖いです、と言う。

仮に会社も粉飾決算に関わっていたとしたら、それこそ大変だと思うよ。

傍観している訳じゃないけどね、お前も俺も担当じゃないから、自分の仕事をしっかりやっていれば、心配することはないよ。

そうですよね、でも、かなり穏やかでない雰囲気ですね、問題がなければいいですが。

聞いていますが、高川さんの叔父さんが会社の役員でしよう、何か有ると大変ですね。

叔父のポジションは営業以外だけど組織だからね、問題があれば、役員としの管理責任はあるよ。

何か聞いてないんですか?

今の所、何にも入って来ないね、と言うより、会社と個人は別だから、俺のところは親戚だと言っても、仕事に関しては、ないね。

たまに会っても、やっているかぃ、くらいだ。

いや又、叔父さんだから、業界でのことや、社内情報などは早いのかなと思いましたが。別のサポートもないですか。

2013年8月15日 (木)

夕霧に消えた恋 54

華奈さんには会う予定でいたが、今日は自宅まで訪問する心算は無かった。結局、あれよあれよよと言う間に、成り行きでご焼香までさせて頂く事になってしまった。

リビングに続く部屋は八畳の和室になっていて、その中ほどに仏壇が設えてあつた。

真新しい仏壇の真ん中に美華の二文字を書き入れた戒名の位牌が安置され、仏具一式の他に、左右に香花と薔薇が生けられ、その手前右に手札サイズの美華の写真が飾られていた。

写真は美華が19才で1年生の文化祭でお友達が写したスナップ写真で、もう6年も前のものですが、美華が気に入っていた1枚なので、と母親が説明してくれた。

優の所へ初めて現れた時と同じ白のワンピース着て、微笑んでいる表情も変わりなかった、美華も元気でいれば華奈さんと同じように、少し大人っぽくなっていたことだろう。

優は焼香しながら、胸がいっぱいになり、何とも言えない妙な気分で、自分が何処となく或る方向へ向かって行くような気がしてならなかった。

華奈の両親は、来て頂いた上にお焼香までして頂き、有り難うございました。とお礼を言った。

優は此方こそ突然お邪魔して、ご迷惑だったと思います。

何のお構いも出来ませんでした、今後ともよろしくお願い致します。

是非、夕食をと引き止められたが、初めてだし、後日、改めてお伺いさせて頂きます、とお暇した。

帰りは華奈さんが車で駅まで送ってくれた。

叔母はどんな話しをしているのか?華奈は、もう婚約者になったような気分で、

私、優さんの所へお伺いしてもいいかしら?

俺と言いかけて、僕の所は一人だし、散らかっているから、まだいいですよ。

じゃぁ、今度、いつお会い出来ますか?

(それにしても積極的だな)今日叔父の所へ来たのもそうですが、この所、会社が忙しいので、来週は駄目だけど、特別な予定がない限り、普段は日曜日ならいいですよ、連絡します。

誰に連絡してくれるのですか?

当然、貴女かあなたの家にです。

どうやって電話します?優さんは私の電話番号、何方にお聞きになりました?

(積極的なのは良いが、美華同様に若しかしたら反発して来るかと思ったが来た、妹も相当な論客らしい、たとえ美人であっても、女性のこんな揚げ足取り見たいなのって、可愛くないんだ、他人にとっては余り感じが良くない、今の段階では、そういう訳でもないけど何事も始めが大事だから、やり返してやる、治るかな、美華は霊だからこっちの手の内を読まれるから勝ち目はないが、華奈さんは生きている人間だ、こんなので負ける訳にはいかない、しかし、これは会った早々参ったな)

いや、貴女の電話番号は知りませんが、家に連絡すればいいでしよう。貴女の家の電話は叔母に聞けば判るでしようし。

2013年8月11日 (日)

夕霧に消えた恋 53

華奈さんの所はいきなりお伺いしていいのかな?

あなた達え良ければ大丈夫、華奈さんの家には私から、今電話しておくから。

あーよかった、それは一番よ、あとは華奈さんにお任せするわ。それからね、と叔母は美華が乗馬事故による怪我で破傷風菌に侵され亡くなったことなど、南川家の出来事をかいつまんで話した。

両家のことに付いてはその内にということで、叔父の家を辞した。

季華子は、狙っていた一仕事が終わって、思ったより、余りにもスムーズにいったので、意外だった、今日は夫との話しで来たんだけど、優に何かあったのかな?この前、華奈さんの写真を見せた時、優はかなり驚いた様子だったが、あの時とずい分違う、一寸と気になる、実際華奈さんが来たとき、優は帰るかもしれないし、ひやひや物だった。夫と顔を見合わせ、してやったりと、互いに頷いた。

早速、今日の結果を両家に報告した。

両家では、今か今かと待ちかねていた祝報?に両親ともほっとして、今までの緊張から解放され、思いは一気に結婚式だった。

華奈の車に乗った、車の中は、微かな百合の香りにほんの少し薔薇の香りが混じった匂いがした。

それにしても、良く似ている、これであの白のワンピースを着て、夕暮れだったら、完全に見間違える、運転しているのでそう言う事は出来ないが、もし手を握ったら実感はあるだろうか。消えないだろうか、声も出るし。車を運転している。

そんな事を考えながらも、何か話さないと拙いな。

華奈さんは車を好きですか。

ええ、まあ、時々。優さんは走ります?

免許は学生の時取りましたが、余り機会が無くて、会社では営業で乗ります、車は好きですが、自分の車は持っていません。

良かったら、この車、何時でも使って下さい、あれば何かと便利がいいですよ。

(一人で乗るために借りるわけにはいかないだろう)

二人は初対面とは思えない、親しげな会話をしている内に、着いた。

南川家では、両親とも着替えまでして、下にも置かない感じで優を迎えた。

華奈は、だから昨日どうするって聞いたでしよう。

これからいらっしやるって、季華子から今、聞いたばかりよ、仕方ないでしょう。

あの、高川です、突然お邪魔して申し訳ございません、予定してなかったものですから、手ぶらになってしまいました。

始めまして、それはもう、よろしいんですよ、家でもなにも準備しておりません。こんな所ですが、ご遠慮なくどうぞ、お上がりになって下さい。

優も、始めから、何となく実家よりむしろ暖かい、解けた雰囲気で、慌てて対応する様子も初対面のような気がしなかった、優の家もそうだけど、美華も思った事をズバッと言う、この家では隠し事ってないのかも、その程度にもよるけど何事でも形式を気にする、他人行儀な紋切り型より、オープンの方が打ち解けていい。

玄関先でも何ですから、まぁ、お上がりになって、とリビングに案内された。長く居る心算はなかったが、何となく話が美華の事に続いていった。

2013年8月 8日 (木)

夕霧に消えた恋 52

華奈は、3年と少し前、霧の夜に現れた美華より少し大人になった感じだが、気品のある清純な美しさや、イタズラ少年のようなあどけなさが残っている所も、美華と変らなかった。優は軽く会釈したが、もう少しで美華と言ってしまう所だった。

関係者と、どんな打ち合わせをしたか判らんが、叔母の真面目くさったパフォーマンスには、驚いた。

母が言うには叔母は、明るいが少しオッチョコチョイな所があるというが、こんな演技力あるとはね、やれば出来るものだ、美華の言った通りだ。

優は今日の事を知っているだけに、叔母が真剣になればなるほど、噴き出しそうになるのを堪えるのに、涙を流さないばかり、とても顔を上げられなかった。

華奈さんが居るのにと思ったが、一寸と失礼します、とトイレに急ぎ、声を出すわけにもいかず、腹を押さえ、思えば思うほど叔母のトボケぶりが可笑しく、苦しんで笑った。

笑いが或る程度収まって、席に帰った。

優、どうしたの、この前みたいに調子がわるいんじゃないでしょうね。

心配お掛けしてすみません、この前は前日遅くまで残業で体調が悪かったのですが、今日は大丈夫です、華奈さんですか、始めまして優です、よろしくお願いします。と改めて挨拶をした。

叔母は、優の様子が思ったより明るいので、怪訝な顔をしていた。

華奈も型通り、挨拶を交わした、優は美華と向かい合い、形式ばった演技の練習をしているみたいで、ぎこちなかったが、華奈も初めて会ったような気がしなかった。

叔母もその点、中々勘が鋭いらしく、お茶を入れながら、

あなた達、初めて会った様じゃないわね。

優も今日はお話で来たんだから、他に予定は無いでしょう、お話し済んだのでしたら、二人でその辺を散歩でもしてきたら。そうだ、優、まだ時間は早いし、華奈さん所は近いから、挨拶していったら。

(なんでそんなに進展するのかな?今日始めて会ったばっかりなのに早いな、母の言う叔母のオッチョコチョイは判っているが、オッチョコチョイじゃこんな手の込んだ事は出来ないだろう、身内であっても、纏めるにはこのくらいの芝居は仕方がない、まるで世の中の縮図だ、叔母のやりそうな事だが、ここまで計画しているかなぁ、ネタの割れているマジックを見るようだけど、叔母には今日、ずい分神経を使わせた、美華は華奈と付き合っても良いと言ったが、実家へ行っても良いとは言ってなかった、華奈さんは、ただニコニコしているだけだし、どうしようかな、こういう時の女性は楽だ)

優、考えることはないわよ、折角来たんだから、華奈さん良いでしょう?

私はかまいませんけど。

華奈さん車でしょう、丁度いいわ、優、そうしなさいよ。手土産もない?そんなの急の事なんだからいいじゃないの、ねぇ。

(ここまで来て、どっちにしても華奈さんと付き合う事になれば、いずれ行く事になる、だったら今行っておくか、何んだか叔母の計略に取り込まれそうな気がしない訳でもないが、思い切って行く事にするか、美華は何て言うかな、その先の事は聞いてなかった、いいのかなぁ、複雑な感じだけど決断するか)

ん、そうですね、そうしよう、お伺いしましょう、

2013年8月 4日 (日)

夕霧に消えた恋 51

考えられる悪い過程があるとしたら、例えばどんな事かな、いや、例えばの話しだ。

そうですね、10年来、治療を受けても簡単に治らなかった難病患者が、或る日、新規の特別な治療を受けた様子もないのに、ごく短期間で治ったとしたら、本当かな?どんな治療法で治ったのかな?若しかしたら患者も含めた、でっち上げの臨床検査や、見せかけのやらせかも知れないし、治療法の説明も怪しげな治験薬など使用し、信じられない、そんな感じなんです。

なるほど、形は整っているが、今までの流れから言うと、ある部分が出来すぎていたりして、いかにも作った感じな訳だ。

そう言う事ですが、反って余計な心配させてすみません、僕も迂闊に信用している訳ではないのですが、かなり分析力のある線からの話しだったので、一応、お伝えしました。

何かあると、会社の信用問題ですから。

いいよ、いいよ、十分、参考になった、何処の業界でも有り得る事だからね、今後も含め、何かあったら教えてくれ、気をつけるよ、所で、優の勘所として、この先に何かありそうか?

(さっき、時と場合にもよるが、事業をやる上では勘所を当てにしないと言ったのに)

S社の法人申告書を直接見た訳ではないので確かなことは言えませんが僕の想像では、巧妙だけど、バランスの悪い所があって、ベテランの税務署員なら疑問を持つと思います、だから、申告書が引っ掛かったとすれば、今の段階で叔父さんの耳に入らなくても、S社へは、近々署からの問い合わせなり、調査があっても不思議でないし、いや、既に来ているでしよう。

会社が大きいので、メディアが気が付かなければ良いですが、嗅ぎ付けられると大変だと思います。

この先は、成り行きを見ないと判りませんが。

そうか、其処まで考えられるか、若し、そうなると、不正融資?で役員の責任問題まで行く可能性もあるね。それで心配して来てくれたのか、仮にも優の勘所だとは言え、改めて、優、有り難う。

叔父には、この件についての情報が全く無いらしい、それなら、それで安心だ、しかし、叔父も甘いが、向こうもガードが固いんだなぁ、美華が深入りしない方がいいと言っていた、

叔父も、やり過ぎとか、うすうす何かを感じている様子だし、この程度で、この件はやめておこう。

叔父も判ってくれたし、喜んでもくれた、今日来た甲斐があった。

叔母が、あなた、お話の途中でしょうが、お茶入れましようか、と言った。

先ほどから玄関の方で話し合う声が聞こえていたが、華奈さんが来たようだ、優はドキドキした。

叔母はしらばっくれて、

優、突然だけど、たまさかお出でになったの、紹介するわ、お写真で拝見した南川華奈さんよ、お母さんは、私の親友なの、華奈さんにも紹介するわ、私の甥で優(マサル)って言うの、皆さんは優(ユウ)って言うけど、よろしくお願いしますね。

華奈は、お話の所、すみませんと、リビングの入り口で優の方をみながら佇んでいた。

2013年8月 1日 (木)

夕霧に消えた恋 50

優は、堅苦しく言うつもりはないが、訪問は俺から叔父さんにと、申し込んだのだから、他のことは気にしなくてもいいんだけど、美華の実物?と逢えるとなると複雑だ、しかも、その事を知らないのは俺だけと言う事で、どうなるのかな、叔母には今日の事は母に秘密だと言っておいたけど、どうせバレバレだ、それもあるけど、叔父に関するかもしれない会社の事、どんな形で切り出そうかな、考えているうちに着いた。

叔母の家では世紀の大イベントでもやるような緊迫した、一面華やいだ雰囲気で、待ち構えていた。

美華に聞いていたので午後にでも華奈さんが来るだろうが、知らん顔していよう。

取り敢えず、叔母に手土産を渡し、挨拶をした。

叔母は、優、気を使はなくてもいいのに、突っ立ってないで、さあ、さあ、入りなさいと、袖を引っ張らんばかりだった。

優、よく来てくれたね、話があるって、会社ではまずいのか?

早速で申し訳ありません、そんな重大な事かどうか判りませんが、他の課から秘密という事で、S建設に融資する件で相談を受けました、前3年の決算書・申告書や、現在の受注金額、新規の予定受注金額などに付いて数字の流れをざっと見ましたが、所々、不自然だと思う箇所があるんです、その辺の所で、何かカラクリがありそう気がします。叔父さんは、担当でないからご存知ないかも知れませんが、役員として何かお聞きになっていませんか?

あなた、優には今日ゆっくりして頂けばいいんですから、良かったらお昼食べながらにしたら。

(叔母は後の事の方が気になるらしい)

それは良いが、優、ずい分、尋問的だね、S建設の案件はかなり規模が大きい、確かY常務が担当していると聞いたが、今のところ、特に変った話はない、

順調に行っているんじゃないのか。

Y常務は次長時代から、今まで問題のある法人を何社か再建させた実績を買われて昇進してきた人だ。

私から見ると少し強引で、やり過ぎる面があると思うが、中々、やり手の人だ。

経過については色々言う人がいても、結果が成功であれば、経過についての意見は大抵消えてしまう、結果が良ければ全てよし、が現実だ。

私は結果の成功のみに重点をおいて、過程を軽く見ていると、何れ問題が起きなければ良いがと思う。

Y常務の場合もそこが心配だが、あれだけの実績があるし、今、特に目立った問題が無い限り、他の役員も中々言いずらい所だね。

あそこは監査法人も付いているから、何か問題があったとしても、隠すことはないと思うが。

優の勘所がいい事は私の耳にも入っている、時と場合にもよるので否定はしないが、事業は勘所に頼っている訳にはいかない。

優の心配してくれるのは嬉しいよ、有り難う。

Y氏の個人的な事では聞くこともあるが、それで、噂にしても、具体的なものは何かあるのか?

いや、ありません、ただ、S建設を担当している社員の中には必ずしも常務ベッタリではない、客観的な見方をする社員もいます。

その社員も常務の独走は、たとえ過程に多少の数字や手順に問題があっても、周りのサポートがある意味で固く、別の意見が入り込めないようです。

2013年7月28日 (日)

夕霧に消えた恋 49

姉は、優が来るのなら、いいチャンスだから華奈さんも呼んだらって言っていましたから、有理子と相談してからと言っておきましたが、来ると思っているでしょう。

あなたが、姉に言った方が良いとおっしゃるのなら、そうします、優にはお昼ご飯食べようと言ってあるから、その頃来ると思います、大丈夫かって?貴方も知っているでしょう、あの子は約束した事は守る子よ、守り過ぎて困るくらい、華奈さんには3時頃、来て頂くよう、有理子にも伝えておきます、華奈さんはハッキリしている娘だから優が来る事を言っておくわ。

優の話しは、明日失敗すると、もうチャンスが無いと思うわ、だから、優には華奈さんが来る事を知らせないの、姉にも、有理子にも、親は絶対来ないように念を押しておくわ。

ずい分、厳しいんだね。と夫は言った。

情報はアッという間に両家に伝わった。

叔母の季華子は一抹の不安はあるものの、明日の事を考えると、落ち着いて居られなかった、夫も私に話しがあるって、何だろう、とぶつぶつ言いながら、うろうろし、季華子に、考えてもしょうがないから、明日の日程をメモしたらと言う始末だった。

両家はそれに輪を掛けた状況だった、正式な見合いもないし、前後の様子も経過も判らないうちに二人を会わせる、しかも親は来るなと言う。

両家は一人息子であり、一人娘の縁だから、それは明るく浮き浮きしていた、ただ、口も手も出せないもどかしさに、おろおろして明日、季華子の報告を待つばかりであつた。

華奈は、優のスナップ写真しか見てないが、美華が息を引き取る時、華奈にしか判らない意思の会話で優さんは、キット華奈も愛して……?と言ったのが忘れられないでいた。

華奈にはその後、就職や縁談など、途絶えた事はなかったが、華奈にその気はなかったし、両親も美華の三回忌が過ぎるまではと、辞退していた。

善悪は別にしても南川家の姉妹は、俗に世間で言う箱入り娘、人を疑う事が出来ない世間知らずで、我侭に育った、家には、個人のスキャンダル情報の雑誌や新聞などはないし、話題もなかった、両親の交友関係を始め、生活環境にも恵まれていた。

日頃の会話も、二人は異性について語り合った事は一度も無かった、それだけに華奈は美華が最後に伝えた気持ちが心残りだった。

美華の事故があった後、どうしても気になって、父親には内緒で牧場へ行った時、牧場に続いていた里山の風景がなぜか今も忘れられない。

明日、優さんが来るから、華奈も来る様にと、有川の叔母さんから母に電話があった、それは、もう優先順位1番でノーと言わせない雰囲気だったらしい、母達はどんな相談をしているか判らないけど、見合いの事はともかく、優さんには一度、お会いしたいと思っていた。

美華は何時ごろから、どの程度付き合っていたのかしら?私は今まで全く気が付かなかった。

明日のことを母に相談しても、季華子も都合があるのでしょう、後から話すから親は来なくても良いし、電話もしないでね、と言われた、貴女も、25でしょう自分で考えなさいよ、と取り合ってくれない、それに、貴女が行く事を優さんって相手の方には話してないから、華奈さんもその心算で来てねって言ってたわ。

つまり、サポートなしで全部自分でやれと言う訳。見合い写真の白のドレスにしようかと思ったが、あれは、成人式の時、両親からプレゼントされた5年も前の服だから、もう着られない?正式な見合いと言う事ではないにしても、普段着と言う訳にもいかないし、着ていく洋服の事などあれこれ考えていると、夜半過ぎても寝付かれなくて困った。

2013年6月30日 (日)

夕霧に消えた恋 41

実は、会社に入金があるんだけど、君も過去に経験があると思うが、今回の場合、相手方の都合で直接入金は出来ないんだ、役員の口座も拙いので、君に口座を開設してもらい、使わせてくれないか。

いやいや、迷惑を掛けることではない、君も結婚したし、私からのプレゼントだと思ってくれれば良い、今後もよろしく頼むよ。こんな風になっている。

へー、口座開設を条件に栄転させる訳か。

しかし、さすが人選がうまいなぁ、彼は人として堅物だが、口が堅いことでもしられている。

そんな事がなければ、Y常務はもっと上に行く実力があるのにね、来客、外出も多いし、今、入っているマンションも半値だの、貰ったのと噂があった。魔がさすって言うのかなぁ。

判った、美華ありがとう、勿論、常務のことは関係なく、俺なりのやりかたで、何かいい話があっても絶対乗らないように話しする。

でも、彼は栄転の話に乗るかなぁ、おかしいと思わないかなぁ、俺だったら、何で俺に?と思うよ。

それで、嫁さんの方はどうなっている?

優も、いそがしいね、お嫁さんのことは、ほっといてもいいけど、困ったことがあれば、一人で頑張らないで相談してね、って優しく声を掛けてあげれば、それで終わり、理由は詮索しない、大事なことよ。

その先、悪い方向には行ってないわ。

旦那さんの方は、常務さんに声を掛けられた時点で、蛇に魅入られた蛙よ、お嫁さんの事を含めて、優がアドバイスしないと、巻き込まれるわよ。

お友達の事は流れの本流でないから、優が力を貸しても大丈夫よ、それにね、常務さんの事件には、政治家への献金も絡んでいて大変よ。 美華は消えた。

半年先の新聞に出ている?その先には何が出ているだろうか、デートのことも聞く余裕がなかった。

そうだ大事な事を忘れていた、叔父は関係ないだろうな、あったら、それこそ大変だ、もし関係あれば美華は言うだろう、100%ないと信じよう。

誰にも絶対言ってはいけないと言っていたが、叔父には、自分は会社の事で、何となく事件性を感じる、くらいは言っても良いかな、叔父だって経営の中にいるのだから感じているかも知れないし。

美華はもう一度こないかなぁ。

美華が始めてアパートにきてから早いもので、3年近く過ぎた、始めの内は想像もしなかったし、冗談でしょう、と思っていたが、慣れて来たせいか、だんだん幽霊の嫁さんが現実味を帯びてきた。

何時だったか、現世に現れるのは許されない事で、そう長く居られないと言っていたが、その後、どうなっているのか気になる。

美華はこの所、哲学や宗教めいた事を話す、特に

バーチャル結婚をしてから来る度に、だんだん説教じみている、どうやら霊界での雰囲気が変わったらしい、何だか良く判らないが心の里へ行ける様になったと言ってるし、霊だと分かっていながら、この前もそれで議論してしまった。 美華が言うには、

人間は生まれた時から、他の生き物を犠牲にして生きていく、そうしないと生きられないのは分かっているけど、益動物だ、害動物だと、自分たちの都合の良いように区別する、おかしいよ、人間同士だって大昔から殺しあうしね、勝っても、負けても、戦争は正義と言う名の人殺しでしょう、だのに、負けた方だけ裁かれるのって不公平よ、喧嘩両成敗と言うんだから両方裁けばいいのにね、優、負けるとやっぱり損よ、だから、やる以上は絶対勝つ事、理屈じゃないわよ。