無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 147 | トップページ | 夕霧に消えた恋 »

2014年7月13日 (日)

夕霧に消えた恋 148

優が出て行って間もなく、ホールの小窓から見える海は、何時の間にか真っ白で何も見えなかった。

汽笛が、ボー、ボーと鳴り続き、船内放送が入った。

お寛ぎの所、大変申し訳ございませんが、お客様にお知らせいたします、今から30分ほど前から急に霧が発生し、時間と共に深くなり、只今、視界0メートルの状態です。

霧の流れは異常に早く竜巻のように渦巻いてデッキは危険な状態です。

この状態での通常運航は出来かねますので、航路より少し沖に出て、碇泊灯を点灯し、停泊姿勢をとりながら船をゆっくり進めています。

ご存知の通り本船の運航に関しましては、最新の運航レーダー装置を搭載し、他の船舶や、位置の確認、海上保安庁への報告など、万全を期しておりますので、航海における支障はございません、ご安心下さい、次の寄港は少々遅れると予想されます。

なお、夜景の見学などは霧のため危険ですから、デッキへの出入り口は閉鎖いたします、デッキにおいでの方は至急船内にお戻り下さい、まもなく出入り口が閉まります、お急ぎ下さい。

その他のショーや、船内施設は予定通り行っておりますので、是非、お楽しみ下さい。

重ねて、お知らせいたします、深い霧のためデッキへのハッチを閉鎖いたしました、特に、夜間は、危険ですから、ご了承の程お願い致します。

« 夕霧に消えた恋 147 | トップページ | 夕霧に消えた恋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。