無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 138 | トップページ | 夕霧に消えた恋 140 »

2014年6月12日 (木)

夕霧に消えた恋 139

あのマンションに泥棒が入ると思わないが、あり得ないことでは無い、公認会計士なんか自分以外の人には家族であっても書類はおろか鞄に手も触れさせないくらいだ、俺は華奈さんを信用しない訳じゃないし、漏れて困るような情報は持って来ないよ、でも華奈さんが疑問を感じるなら鍵を付けても付け無くてもいいよ、仮にだけど、若し会社の秘密情報が漏れたとすれば、客観的に推論して、漏洩元は情報を持ち帰った本人か、或いはその家族と言うことになる、だから家庭内での信じる信じないと言う事と論点が違う、それがシビアな世の中なんだ。

それで気が付いたんですけど、お聞きしていいかしら?今日お話しする心算はなかったの、でも信じると言えば、優さんを信じているから結婚するんだけど、結婚した友達でその後、趣味や性格が合わないとか言って離婚する人がいるでしょう、わたし、そんなの嫌だから、出来るだけ判っていたいの。

いいですよ、何でも聞いてください、なにも分かっている落とし穴にわざわざ落ちる事はないものね、と言っても、お互いに好きになれば、アバタも笑窪で分かっていながら落ちる人も居るけどね。

大体ほら、趣味や性格や好みも全部同じって人はいないんだから、何処かで繋がる所があればいいんじゃないかな、多ければ多いほどいい。

« 夕霧に消えた恋 138 | トップページ | 夕霧に消えた恋 140 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。