無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 139 | トップページ | 夕霧に消えた恋 141 »

2014年6月15日 (日)

夕霧に消えた恋 140

それはそうだけど、優さんと話している中で時々、心だの空だのって宗教や哲学的な言葉が出て来るでしょう、ほかの事は理解できたとしても、そう言う事はある程度話しの内容が解っていないと、簡単にハイハイそうですかって行かないわ、好きとか、愛すると言った事も含めて、違う所でも、お互いに概念と言うのか、考えている場所がより近くにある方が、これから長く一緒に生活して行く上で、一番大事なことだと思うの。

そう、その通りだ、しかし、それは大変だ、それで今日、今から此処でやるの?

此処で議論しようって大げさな事ではなく、優さんの考えをお聞きして置きたいの、だって議論して考え方が違っているからと言って、今更婚約解消ってならないでしょう、だから一緒に生活を始める前にお互いに解っていれば、なんとか衝突は回避できるし、問題も起きないで済むとおもうわ。

わたしも、その辺の所はほんの触れる程度だけど、学校でも哲学の講義を聞いたし、その手のサークルに参加して訳の解らない議論もしたり、本も読んだわ、でも、夫となる人とは、その考える大まかな意味が、できるだけ近い方が、安心するし、壁が取れるとか、何かとシックリするんじゃないの。

« 夕霧に消えた恋 139 | トップページ | 夕霧に消えた恋 141 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。