無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 129 | トップページ | 夕霧に消えた恋 131 »

2014年5月11日 (日)

夕霧に消えた恋 130

おい、おい、冗談じゃないよ、絵を選んだのは俺だし、京さんの事は今度、会社へ訪問したとき、二度とそんな事がないよう絵にお呪いしておくから心配するなと言っておく。

仮に、美華の霊が居るとすれば、美華はわたしと比べ大人しく見えるけど、何か間違った事があると、絶対、許さない性格だから、何らかの理由で美華が京さんを連れて行ったとすれば大変だと思うわ、そんな優さんのお呪いくらいで事が済むかしら?

脅かさないでくれよ、そんな事あるわけないだろう、華奈さん、あなた大丈夫ですか。

有るか、無いか、わたしだって見た訳じゃないから判らないわ、でも、西欧だって魂の世界があるって信じている人は、幾らでも居るってよ、神様だってそうでしよう。

わたし、今までそんな事、真剣に考えた事が無かったわ、でも京さんの事があってから、色々、考えて見ると、人間って体と魂が一緒になって生きているんでしよう。

若しね、宗教家など一部の人達が言うように、魂が別で、体に住んでいることになれば、体が病気なんかで、そのうち死んで魂が住めなくなれば、出て行くって事?それで体の外でも生きられるの?

魂だって病気になるかも知れないよ、ある意味、気の病気ね、でも、死んだり、生きたりはしないと想う、第一そんなの俺は知らないよ、精神科?哲学、宗教家に聞いたとしても、納得できる統一した理論はないだろうな、確認しようがない世界の事だから、華奈さんは妙な事に興味があるんだね。

だって面白いじゃないの、想像だから、でね、催眠術かなんか掛けて体から魂を取り出したら、その体は死ぬかしら?死ななかったら体は寝かせておいて、魂に色んな世の中の為になることをやらせるの、そんな能力があったらどうなるかしら?勉強して見ようかな。

« 夕霧に消えた恋 129 | トップページ | 夕霧に消えた恋 131 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。