無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 111 | トップページ | 夕霧に消えた恋 113 »

2014年3月 9日 (日)

夕霧に消えた恋 112

わたしだけ先に引っ越すの?そんなの一緒でなければ、嫌ですよ。

それじゃ、諸々のことは、華奈と叔母たちで相談して決めても良いよ、日が決まれば、会社の方は何とか都合付けるから、俺はそういう事、苦手なんだ、任せるよ。

優さんは、何でも任せるって言うけど、私たちで決めてから叔母さん達に相談するんじゃないの。

ん、それは判っているよ、でも俺はそう言うのって何だか駄目なんだ、だから華奈や皆が納得できる様にしてくれればいいって言っているんだよ、特に難しい事はないでしょう。

そう言われても、何か変なの?優さんって、形式的な事は受け入れ難い性格なのかしら?

そんな事は無いよ、大抵な事は大丈夫だ、冠婚葬祭なんかに弱いんだ。

華奈が帰った、しばらくして、叔母から電話が来た。

« 夕霧に消えた恋 111 | トップページ | 夕霧に消えた恋 113 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。