無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 109 | トップページ | 夕霧に消えた恋 111 »

2014年3月 2日 (日)

夕霧に消えた恋 110

ええ、でも、わたしの思い違いかもしれませんし、日によってですが、確かにあの絵の中からバラの香りが漂って来るようです、よほど気をつけていないと判りませんが。

この前お出でになられた時、バラの香りがしたので、華奈さんがフレグランスを付けているのかな?と思っていました、あの時は、一緒に景色の中に行って見たい気分になりましたが、若し、行ったとしたら、どうなっていたでしょう、いま考えると少し怖いと思いますが、興味はあります。

この所、特に変わった事はありません、社長室へいらっしゃる社員の方は緊張するものですが、絵を見るとリラックス出来るそうです。

あの絵は日によって表情が変る様に思います、どんなに変るのとおっしゃられても困りますが。

華奈さんからお聞きして気がついたんですが、香りと言えば今もそうですが、華奈さんの傍に居ると何となく、バラと百合が入り混じった様な微かな香りがします。

いや、別になにもありません、わたし、フレグランスも付けていませんし、余計な心配をお掛けしてすみません、でも偶然の一致があるものなんですね、驚いたわ。

わたしね、フレグランス使わないの、いつの頃かよく覚えてないけど高校生の時かしら、そんな香りがするって言われた事があるの、体臭なのかもね。

体からバラと百合の香りがして来るって、なんかロマンチックですね、ほんと。

そんなロマンチックな話しじゃないわよ。

« 夕霧に消えた恋 109 | トップページ | 夕霧に消えた恋 111 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。