無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 105 | トップページ | 夕霧に消えた恋 107 »

2014年2月16日 (日)

夕霧に消えた恋 106

華奈から竣工式に行くの?と連絡があり、最後の点検もあるので行く事にした、何時もの事なんだけど何となくそんなふうになってしまうんだなぁ、此れが美華の言う流れなのか?

華奈が迎に来てくれた、華奈の運転は荒っぽくないが慎重でもない、自分の都合で華奈に運転させる訳にも行かないが、いつでも来ますからと言う、優は華奈の身辺について聞いた事がないので、普段、何をしているのか詳しく知らない、叔母の話しでは外資系の証券会社へ勤めていると言っていた。

優は美華との事があるので結婚について、他に考える心算がなかったし、知りたいとも思わなかった。それが、周りの人達から誤解される結果にもなった。今まで華奈について聞かなかったことも元はそこにある。

華奈も優が華奈の個人的な事を聴こうとしないし、何を話しても中途半端で物足りなさを感じている。

今日だってそうだ、見に行っても後どうするのか、その時でなければ判らない、こんなの初めて、男の人って、こんなのかしら?

華奈も男性との付き合いはなかった、会社では憧れの女性だったが、男性はプロポーズしてもノーだろうからと縁がなかった。

« 夕霧に消えた恋 105 | トップページ | 夕霧に消えた恋 107 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。