無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 94 | トップページ | 夕霧に消えた恋 96 »

2014年1月 9日 (木)

夕霧に消えた恋 95

あと連絡お願いね、と華奈は帰った。

美華の話では、華奈は学生時代から合計5年ほどヨーロッパで過ごし、英語、フランス語は出来る、どんな事をする心算なのか、2年ほど前から中国語も習っていると言っていた。

優は、今後を考えると華奈は婚約者として申し分ないが、問題は美華との約束だ。

考えている間にも時間は過ぎて行く、取り合えず、母と叔母に報告しよう、何とか言ってくるだろう、自分の事なのに、人任せで無責任な事は判っている。皆から優は変っているって言われるし。

あの時、写真を見なければこんな事にならなかったが、今更どうしようもない。

土曜日に美華を待っていたが、来なかった、今まで通りだとすれば、今日までの事だって恐らく全部、知っているだろう、美華も成り行きに任せるのも一つの選択肢だと言っていたし、現世と霊界は違うんだからと、華奈と結婚する事についても特に反対はしなかった、俺は美華を裏切る心算は無い。

デートのことで美華と話した時、華奈と入れ替わるって言ってたけど、若しそんな事が出来るんだったら、どうなるんだろう?確かに会社へ絵を見に行った時、一瞬、華奈が美華になった。

« 夕霧に消えた恋 94 | トップページ | 夕霧に消えた恋 96 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。