無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 83 | トップページ | 夕霧に消えた恋 85 »

2013年12月 1日 (日)

夕霧に消えた恋 84

わたしだって、教えてあげたいわ、でも、自分に関係する事は見えないの、見てはいけないのかも知れない、だから自分の人生は、結果が良くても、悪くても、自分で決めるしかないわ。

優の将来については、美華には言えないし、見えないんだから、教える事も出来ない。

どうしても判らない時は、心の中の神様に聞いてみればいいわ、教えてくれるかもよ。

そんな神様、いるの?

自分を信じれば自分の中にいる、自然と言う本当の神様は、人間の願い事なんて絶対聞いてくれないわ、どんな条件を出してもダメ、願い事を聞いてくれる神様がいるとしたら、それは人が勝手に作ったのだから、あっちにも、こっちにもいるわよ。

そう言う人間が作った神様は生活が掛かっているから、お賽銭やお布施をたぁーくさん奉納すれば、ご利益があるかも知れないわね、ホホホホ……

久しぶりにお笑いになりましたね、笑い事じゃないでしよう、それで俺の事は、俺の好きなようにやっていいと言う事ですか?

そうです。

ずい分、あっさり言いますね、俺が好きにやると言っても判らないから聞いているのに、それだと成り行きに任せるしかないじゃないですか。

判らない時は、成り行きに任せるのも一つの方法です、時間が解決してくれます。

成る程、そうですか、つまり身内のことは予言も出来ないし、教えてもくれないんだ、もっとも、自分の人生を自分でコントロール出来るとなれば、人間社会がアンバランスとなり自然が壊れる、判りましたよ。

決まっていないけど、今の状態だとマンションの見学に行かない訳にもいかないし、俺だけで行くのも一寸ね、とすると必然、華奈さんも一緒に行く事になってしまう、美華も華奈も一緒だと思ったとしても、ほんとにいいのか?

« 夕霧に消えた恋 83 | トップページ | 夕霧に消えた恋 85 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。