無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 86 | トップページ | 夕霧に消えた恋 88 »

2013年12月12日 (木)

夕霧に消えた恋 87

華奈に電話をすると、私も行っていいの?と言ったが、いきなりマンションを見に行こうと言ったので、慌てたらしく、一寸まってと、電話の送話口を塞ぐのを忘れ、その事を母に伝えた。

お母さん、優さんがマンションを見に行こうってよ。

良かったわね、行ってらっしゃい。

その他の会話も筒抜けだったが、華奈にしてみれば、全てが決まった様な思いらしく、いく、行くって大騒ぎだった。

日曜日に母にマンションを見に行く事を電話すると、どんなルートで情報が回ったのか、マンション内見のことは、昨日のうちに母や、叔母など関係のある全員に流れたらしく、すでに知っていた。

マンションの内見は次の土曜日に行く事にした、現地の販売会社事務所で、社長さんと秘書の方が待っていてくれると言う。当日、華奈が迎に来てくれた。

車の中で、

本当にわたしも一緒でいいの?と念を押すように言う。

そう聞かれると非常に困る、まさか美華がいいと言ったからと言える訳は無いし。

まぁ、成り行きでそうなるんだから、いいと言う事になるでしょう。

成り行きって、どう言うこと????

そう、成り行き、成り行きって言うのはね、自然の流れが、そう言う事になっているので、変える事が出来ないから、つまり、成り行きなんだ。

はぁ?それが成り行きなんですか、よく判らないわ、始めから決まっているって言うこと?

そんな所かな、華奈さんもマンションってどんなのか見ておけば参考になるだろう。

参考に見に行くの?

(参ったなぁ)まだ、そのマンションへ入ると決まった訳じゃないんだから、参考と言えば参考、つまり下見なんだから、一緒に行ってもいいじゃないのかな、社長も見に来いと言ってくれているし。

« 夕霧に消えた恋 86 | トップページ | 夕霧に消えた恋 88 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。