無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 78 | トップページ | 夕霧に消えた恋 80 »

2013年11月14日 (木)

夕霧に消えた恋 79

(すぐこれだからな、参るなぁ、忘れていたけど、この前もそうだった、その先を聞いてくる、此れからもそうだと気をつけないと

)

ん、仕事の事を含めて個人的に聞かれる事は色々あるよ、この件は、問題は大きいから融資部門外にも意見を求めて来たのだと思うけど、どこだって賛否両論あるさ、多数決で納得出来ない人だって、いくらでもいる。

優さんが報告すれば、それで解決するの?

いや、俺が意見を出したからと言って変更になる事は無い、もう決まっている、参考だ。

それで、徹夜でもするの?骨折って纏めても意味ないじゃないの。

華奈ね、世の中ってややこしいんだ、判り易く言えば、融資した事業がうまくいかなかった時、反対派は、それ見ろと、あとでリベンジするために一本釘を刺しておこうと言う事だと思う、その反対にその事業が成功すれば当分の間、向こうの天下だ、まぁ、負けた方は今後、定期昇進さえ危ないね、なにせ額が大きいからね、そのうち詳しく説明するよ。

華奈って言ってくれましたね、でも、優さん、そんなの引き受けて大丈夫なの?

大丈夫だよ、俺は主観ではなく客観的に分析すると言ってある、難しいけどね、この場合の客観的ってね、この融資に関係なくこれから小売業界のありかたを考える時、今のような形態、つまり経済力の強い企業が勝つって言う、弱肉強食でいいのかって言う所へ論点をもって行く、その上で結論を出す、貸さない方が良いと言うことにするんだけどね。

この場合、今後、一番大事なのはメディアの動きなんだ、だから神経を使うよ、そう言うわけ。

俺も専門家じゃないし、経済は生き物って言うから、その先までは判らない、あくまで予想だよ。

華奈は優をおろし、判りましたと、帰った。

やれやれ。

両親とは、約3年ぶりだったけど、父も退職したせいか老け込んで、何となく小さくなった感じがした。美華との事もあるが、家に帰らなくても、近くへ住んで安心させたいと思う。

« 夕霧に消えた恋 78 | トップページ | 夕霧に消えた恋 80 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。