無料ブログはココログ

« 夕霧に消えた恋 65 | トップページ | 夕霧に消えた恋 67 »

2013年9月26日 (木)

夕霧に消えた恋 66

科目は、大、中、小科目を設ける、例えば、事故0の、安全対策費で、現場協力金、地域説明会費、通学など道路管理、清掃、風水害、救急、事故対策、消耗費、衛生費、作業管理費、防犯、などなど上げれば切が無いほどあるわ、多ければ、多いほど薄まって目立たないからいいんだって、放射能だって関係者の本音は、台風が来れば雨と風に吹き飛ばされて薄まるから、いいんじゃないの。でも、あれは次から次へ出て来るから始末が悪いね。

下請け業者に外注費を前払いする、計理が間違えて○%多く送金する、間違えた○%は後日返金して頂く、返金の送金先はXである。その他、諸々。

他にも、現場協力金、これは本工事の損害保険とは別物で、工事現場のゲートを潜れば誰彼なしに協力金を徴収する、警備保障の会社もあるけど、現場協力金は損保会社の掛け捨て金みたいなもので、全て現金。

その他、これらの費用を合計し、実際に使用される額は約30%迄で残金は最終的に裏金となる。

これらの徴収される金額は、一部の材料納入業者を除き、運搬費等と言う名目で外注費に上乗せして支払われている、下請け業者の懐は痛む事は無いので、クレームの出る事は無い。

裏金は本工事の経費とは別だから、銀行口座を使用しない。全て現金でY常務の秘書が管理している、このお金は、数回に分割し、更に迂回して、調整費?と言う名目で、同業者の裏面工作や、政・官界に渡る仕組みになっている。

まあ、こんな所ね、でも、この工事ではY常務も秘書の方も、一円も貰ってないし、横領もしてないわよ、逆に飲食代など自腹で持ち出しているわ。

へえー、やることが凄いね、一円も貰ってないって、余ほど先の事を考えているんだ、それでS建設は儲かるの?

S建設はこの資金頭作りに直接関わってないわ、Y常務の指示に従っているだけ、建設関係って入札で損しなければ、設計変更・追加工事や備品の納入で儲かる仕組みになっているの。

この工事は全て本受け会社を通す事になっている。

何処で聞いたの、よく知っているね。

美華だって、教わってないわ、優がそう言うから調べたの、だから意味までは、判らないわ。

それは、それは、有り難うございます。それで?

途中で変な事を言うから、判らなくなるじゃないの。

(又、怒っちゃった、霊と喧嘩しても仕方ないし)

これは、ご立腹でございますか、すみません。

でね、世間ではね、談合だの色んなことを言ってるけど、あの業界では、特に公共事業などは、入札だってある程度話し合わないと、綺麗ごとだけでは、業界全体が上手く行かないんだってよ。

だから、お互いに見て見ないふりをするわけ、でも、まれに、経験のないへそ曲りの人や、話しの判らない純粋無垢で無粋な人が内部告発して問題を起こす、これが厄介なんだって。

そうですか、純粋無垢で無粋な人、成るほどね、いるいる、それで、調査の件はどうなる?

« 夕霧に消えた恋 65 | トップページ | 夕霧に消えた恋 67 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。